看護過程の1つ「アセスメント」ゴードン等の書き方と事例

機能 健康 パターン の ゴードン 的

😄 アセスメントの例として ・活動・運動+栄養 ・活動・運動+排泄 ・活動・運動+健康知覚・健康管理 のように様々な組み合わせができます。

12

機能 健康 パターン の ゴードン 的

🤪 ゴードン「機能面からみた11の健康パターン」に基づくアセスメント 関連するデータ 解釈・分析 結論 コーピング・ストレス耐性パターン O:84歳女性 糖尿病 アルツハイマー型認知症あり O:10月に夫当病院 他科に入院、認知症あり S. 投薬など治療に伴う苦痛 嘔吐・倦怠感など• これまでに得られた情報を、総合的かつ専門的に分析し、なぜ患者さんが現在の状態にあるのか、その理由を明らかにしなければなりません。

8

看護実習でずれないアセスメントをするために|「デキる看護師になる為の看護実習が100倍充実する学び方・教え方」ユアナーシング

機能 健康 パターン の ゴードン 的

🌭 1、疾患と関連付けられていない この疾患で、この状況の場合、こういうことが起こりうる。 余談おわり 3-2. これを「SOAP」形式と呼び、SOAPを基にカルテなどに記載することがよくあります。 症状や、行われている検査、治療などによる影響を見直すと良いです。

看護過程の1つ「アセスメント」ゴードン等の書き方と事例

機能 健康 パターン の ゴードン 的

💋 〈ゴードンの11の機能的健康パターンの分類〉 この分類に沿って情報を分類し、アセスメントしていきましょう。

5

考え方からおさらいする看護アセスメントの書き方

機能 健康 パターン の ゴードン 的

🤗 あらゆる排泄経路から排泄する• それが、みなさんが学校で習った「ゴードンの11の機能的健康パターン」なのです。

18

看護実習でずれないアセスメントをするために|「デキる看護師になる為の看護実習が100倍充実する学び方・教え方」ユアナーシング

機能 健康 パターン の ゴードン 的

🤝 この域に達するには経験を積むしかありませんので、危険度を基に分類できるようになることを第一とし、細かな順位づけは今後の課題としておくと良いでしょう。 ・ 一人で生きていくために必要とされる援助 の量はどうか ・ 活動を困難にする原因があるかどうか (家の構造・階段など) ・ 事故やけがの危険因子があるかどうか 4-2. また、全ての看護問題を同程度の割合で実施すると、危険性の高い問題へ取り組む時間や意識が減少し、結果的にQOLの低下を招くだけではなく、場合によっては疾患を増悪させてしまいます。 正常発達および健康を導くような学習をし、発見をし、あるいは好奇心を満足させる 以上の基本的欲求は患者の全体像を捉えるためのもので、これらの充足が看護に重要であるとヘンダーソンは述べています。

看護過程の1つ「アセスメント」ゴードン等の書き方と事例

機能 健康 パターン の ゴードン 的

😉 その現状が起きている原因、今後の予測の3つのポイントをしっかり押さえて書くと分かりやすいアセスメントになります。 もしも内容に自信が持てないときは、たとえば経験豊富な先輩の看護師に目を通してもらうなど、自分なりの工夫をこらすよう心がけてください。 要するに、得た情報をもとにした専門的な判断結果のこと。

7

きょうのキーワード:ゴードンの11の機能的健康パターン

機能 健康 パターン の ゴードン 的

😝 症状の推移を予測することは、看護ケアの方針を決定する上で最も重要な部分となりますので、慎重かつ的確に行うよう努めてください。

7