ダイハツ 軽商用車「ハイゼット カーゴ」軽乗用車「アトレー ワゴン」を マイナーチェンジし、「スマートアシストⅢ」を採用|ニュースリリース|ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

ハイゼット カーゴ ダイハツ

😚 「55th Anniversary ゴールドエディション」は「スタンダード」・「エクストラ」・「ハイルーフ」・「ジャンボ」をベースに、外観はフロントグリルをゴールドメッキに、アウタードアミラーをブラック(ボディカラーで「ホワイト」又は「シルバー」選択時はボディ同色)に、アウタードアハンドルをボディ同色にそれぞれ変更し、12インチフルホイールキャップ、トップシェイドガラス、専用Anniversaryエンブレム(フロントドア、テールゲート)を特別装備。 バンのバックドアは初代、および2代目と同様のヒンジ式の横開きを採用した。 ハイマックスは、2019年11月に生産を停止し、発売以来の販売が非常に少なかったため既存のに統合されるかたちで2020年4月を以って販売終了となり、同時にインドネシアのダイハツの公式ウェブサイトから削除された。

14

ダイハツ、「ハイゼット トラック」「ハイゼット カーゴ」「アトレー ワゴン」一部改良 軽トラック特装車として初のスマートアシストIIIt搭載

ハイゼット カーゴ ダイハツ

⚛ トラックはメーカーオプション「選べるカラーパック」の仕様を一部変更し、ボディカラーは「ブルーマイカメタリック」を廃止する替わりに、2015年10月発売の特別仕様車「55th Anniversary ゴールドエディション」専用色だった「アーバンナイトブルークリスタルメタリック」と「マスカットグリーンメタリック」を新たに追加したほか、カラードドアアウターハンドルをボディ同色に、カラードドアミラーをブラック塗装(「ブライトシルバーメタリック」選択時は従来通りボディ同色)にそれぞれ変更。 以下、バン系モデル。

【公式】ハイゼット カーゴ トップページ|ダイハツ

ハイゼット カーゴ ダイハツ

💔 販売低迷のため、「カーゴ ハイブリッド」の生産終了(翌月に販売終了)。

14

ハイゼットカーゴ(ダイハツ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

ハイゼット カーゴ ダイハツ

💙 そして、2011年にトヨタへ『』・『』としてOEM供給を開始した。

5

【公式】ハイゼット カーゴ トップページ|ダイハツ

ハイゼット カーゴ ダイハツ

😙 エンジンは2気筒から3気筒に変更。

ダイハツ 軽商用車「ハイゼット カーゴ」軽乗用車「アトレー ワゴン」を マイナーチェンジし、「スマートアシストⅢ」を採用|ニュースリリース|ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

ハイゼット カーゴ ダイハツ

🚒 ハイゼットピックアップ - 7・8代目トラックにおける名称• 軽商用車「ハイゼット」は、1960年に発売し、農業や建設業、サービス業など幅広い業種のお客様にご愛顧いただいており、累計生産台数は600万台を超え、現在のダイハツラインナップの中で最も歴史あるモデルである。

ダイハツ ハイゼットカーゴ 商用車|価格・新型情報・グレード諸元

ハイゼット カーゴ ダイハツ

⚓ また、MT車を含む「スマアシIII」搭載車はフロントウィンドウが「クルーズ」系グレードと同じブルーのトップシェイドガラスとなり、IRカット機能が追加された(「スマアシIII」非搭載車はメーカーオプション「ビューティーパック」を選択することで装備される。 ちなみに「スペシャル」の2WD・5MT車に限り、当初3方開タイプの他に、1方開タイプも用意されていた。

ハイゼットカーゴ(ダイハツ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

ハイゼット カーゴ ダイハツ

⚠ マイナーチェンジ。 - ダイハツ工業株式会社 ニュースリリース 2013年12月20日• 4Lが選べた。 そのほか、横幅180mmだったオーディオスペースを全車200mmのワイドDINサイズ化し(既に10代目トラックで先行採用済み)、「クルーズ」・「クルーズターボ」は装備されているトップシェイドガラスを特別仕様車「リミテッド」と同じブルーに変更。

ダイハツ、「ハイゼット トラック」「ハイゼット カーゴ」「アトレー ワゴン」一部改良 軽トラック特装車として初のスマートアシストIIIt搭載

ハイゼット カーゴ ダイハツ

⚠ マイナーチェンジに伴い、ガソリン車と同じとなる。

20