鉄道唱歌/訂正鉄道唱歌

唱歌 鉄道

💕 前 ( まへ )は 海原 ( うなばら )はてもなく 外 ( と )つ 國 ( くに )までもつゞくらん あとは 鐵道一 ( てつだうひと )すぢに またゝくひまよ 青森 ( あをもり )も• 豐橋 ( とよはし )おりて 乘 ( の )る 汽 ( き ) 車 ( しや )は これぞ 豐川 ( とよかは ) 稻 ( い ) 荷 ( なり )みち 東海道 ( とうかいだう )にてすぐれたる 海 ( うみ )のながめは 蒲 ( がま ) 郡 ( ごほり )• 草むす屍年古りて 松風寒き桔梗の 原に栞の道かえて 遊ぶも旅の興なれや• 大森 ( おほもり ) 蒲 ( かま ) 田 ( だ ) 川崎 ( かはさき )や 鶴 ( つる ) 見 ( み )もいつかあとにして 東 ( ひがし ) 神奈 ( かな ) 川 ( がは ) 立 ( た )つ 汽 ( き ) 車 ( しや )の 行 ( ゆ )くてはそれよ 八王 ( はちわう ) 寺 ( じ ) 〔 〕• 汽 ( き ) 笛 ( てき ) 一聲 ( いつせい ) 新橋 ( しんばし )を はやわが 汽 ( き ) 車 ( しや )は 離 ( はな )れたり 愛 ( あ ) 宕 ( たご )の 山 ( やま )に 入 ( い )りのこる 月 ( つき )を 旅 ( たび ) 路 ( ぢ )の 友 ( とも )として• 桔梗ヶ丘の古戦場 満目荒涼風寒く 北信満峰巍々として 深志の城は目に近し• 大森 ( おほもり ) 蒲 ( かま ) 田 ( だ ) 川崎 ( かはさき )や 鶴 ( つる ) 見 ( み )もいつかあとにして 東 ( ひがし ) 神奈 ( かな ) 川 ( がは ) 立 ( た )つ 汽 ( き ) 車 ( しや )の 行 ( ゆ )くてはそれよ 八王 ( はちわう ) 寺 ( じ ) 〔 〕• 下諏訪岡谷は製糸業 煙筒繋きは国の富 天竜川はここに出て 遠州灘に注ぎ入る• 岩村城址程近き 大井の里の硯水 汲むべき暇もあらなくに 釜戸 瑞浪 土岐津駅• 野邊地 ( のへぢ )の 灣 ( わん )の 左手 ( ひだりで )に 立 ( た )てる 岬 ( みさき )は 夏 ( なつ ) 泊 ( どまり ) とまらぬ 汽 ( き ) 車 ( しや )のすゝみよく 八甲 ( はつかふ ) 田 ( だ ) 山 ( さん )も 迎 ( むか )へたり• 磯 ( いそ )にはながめ 晴 ( は )れわたる 和田 ( わだ )のみさきを 扣 ( ひか )へつゝ 山 ( やま )には 絕 ( た )えず 布引 ( ぬのびき )の 瀧󠄆 ( たき ) 見 ( み )に 人 ( ひと )ものぼりゆく• 今は旅ちょう名のみにて 都を出でて六時間 座りて越ゆる山と川 甲府にこそは着きにけれ• 作曲:春江堂書籍より• 右 ( みぎ )は 高輪 ( たかなわ ) 泉岳 ( せんがく ) 寺 ( じ ) 四 ( し ) 十七 ( じふしち ) 士 ( し )の 墓 ( はか )どころ 雪 ( ゆき )は 消 ( き )えても 消 ( き )え 殘 ( のこ )る 名 ( な )は 千載 ( せんざい )の 後 ( のち )までも• 出 ( い )でてはくゞる 隧道 ( トンネル )の 前 ( ぜん ) 後 ( ご )は 山北 ( やまきた ) 小 ( こ ) 山驛 ( やまえき ) 今 ( いま )もわすれぬ 鐵橋 ( てつけう )の 下 ( した )ゆく 水 ( みづ )のおもしろさ• 帝國第 ( ていこくだい ) 二 ( に )に 位 ( くらゐ )して 商工 ( しやうこう )さかゆる 大阪 ( おほさか ) 市 ( し ) 安治 ( あぢ ) 川口 ( かはぐち )に 入 ( い )る 舟 ( ふね )の 煙 ( けむり )はたゆるひまもなし• 夏 ( なつ )はすゞみの 四 ( し ) 條橋 ( でうばし ) 冬󠄀 ( ふゆ )は 雪󠄁 ( ゆき ) 見 ( み )の 銀閣 ( ぎんかく ) 寺 ( じ ) 櫻 ( さくら )は 春 ( はる )の 嵯峨御 ( さがお ) 室 ( むろ ) 紅 ( もみ ) 葉 ( ぢ )は 秋 ( あき )の 高 ( たか ) 雄 ( を ) 山 ( さん )• 千代 ( ちよ )に 八千代 ( やちよ )の 末 ( すゑ )かけて 榮 ( さか ) 行 ( ゆ )く 御代 ( みよ )は 長崎 ( ながさき )の 港 ( みなと )にぎはふ 百 ( もゝ ) 千 ( ち ) 船 ( ぶね ) 夜 ( よ )は 舷燈 ( げんとう )のうつくしさ• 遙 ( はるか )に 見 ( み )えし 富士 ( ふじ )の 嶺 ( ね )は はやわがそばに 來 ( きた )りたり 雪󠄁 ( ゆき )の 冠 ( かんむり ) 雲 ( くも )の 帶 ( おび ) いつもけだかき 姿󠄁 ( すがた )にて• 彥 ( ひこ ) 根 ( ね )に 立 ( た )てる 井伊 ( ゐい )の 城󠄀 ( しろ ) 草 ( くさ ) 津 ( つ )にひさぐ 姥 ( うば )が 餅 ( もち ) かはる 名所󠄁 ( めいしよ )も 名物 ( めいぶつ )も 旅󠄁 ( たび )の 徒 ( と ) 然 ( ぜん )のうさはらし• 対応していない場合は、基底となる文字がそのまま表示されます。 煙󠄁 ( けぶり )を 水 ( みづ )に 橫 ( よこ )たへて わたる 濱 ( はま ) 名 ( な )の 橋 ( はし )の 上 ( うへ ) 袂 ( たもと )すゞしく 吹 ( ふ )く 風 ( かぜ )に 夏 ( なつ )も 殘 ( のこ )らずなりにけり• 待ちに待ちたる中央の 鉄路もここに全通し 国運ますます隆盛に 栄ゆる御代ぞめでたけれ 国運ますます隆盛に 栄ゆる御代ぞめでたけれ. 西には望むアルプスの 嶺には斑れの雪景色 めでつつ語る程もなく 村井を過ぎて松本市• 作曲:福山直秋• 鉄道唱歌 「鉄道唱歌(東海道篇)」 大和田建樹作詞・多梅稚(おおのうめわか)作曲 一 汽笛一声 (いっせい)新橋を はや我 (わが)汽車は離れたり 愛宕 (あたご)の山に入りのこる 月を旅路の友として (新橋) 二 右は高輪 (たかなわ)泉岳寺 四十七士の墓どころ 雪は消えても消えのこる 名は千載 (せんざい)の後 のち までも 三 窓より近く品川の 台場も見えて波白く 海のあなたにうすがすむ 山は上総 (かずさ)か房州か (品川) 四 梅に名をえし大森を 注 すぐれば早も川崎の 大師河原 (だいしがわら)は程ちかし 急げや電気の道すぐに 注 「大森を」の部分を、「大森の」とミスタイプしておりました。

鉄道唱歌/訂正鉄道唱歌

唱歌 鉄道

🐾 おとにきゝたる 箱崎 ( はこざき )の 松 ( まつ )かあらぬか 一 ( ひと )むらの みどり 霞 ( かす )みて 見 ( み )えたるは 八 ( や ) 幡 ( はた )の 神 ( かみ )の 宮 ( みや )ならん• 琵琶湖 ( びはこ )を 引 ( ひ )きて 通 ( とほ )したる 疏 ( そ ) 水 ( すゐ )の 工 ( こう ) 事 ( じ )は 南禪 ( なんぜん ) 寺 ( じ ) 岩 ( いは ) 切 ( き )り 拔 ( ぬ )きて 舟 ( ふね )をやる 知 ( ち ) 識 ( しき )の 進 ( しん ) 歩 ( ぽ )も 見 ( み )られたり• 芙蓉の嶺に送られて 列車は進む高原の 海抜三千二百尺 ここは信州富士見駅• 木曾路出でて坂下や 東美濃なる商業地 中津は恵那の麓にて 紙すく業ぞ知られたる• 色浅からぬ浅川の 紅葉林に日は落ちて 草より出でて入る月の 山の端近き与瀬の駅• 國府津 ( こふづ )おるれば 電車 ( でんしや )あり 小田 ( をだ ) 原 ( はら ) 熱 ( あた ) 海 ( み ) 行 ( ゆ )くもよし 箱 ( はこ ) 根 ( ね ) 八 ( はち ) 里 ( り )の 山道󠄁 ( やまみち )も あれ 見 ( み )よ 雲 ( くも )の 間 ( あひだ )より• 地理教育鉄道唱歌(四) 北陸編 上野〜長野〜新潟〜金沢 一 車輪のひびき笛の声 みかへる跡に消えて行く 上野の森の朝月夜 田端は露もまださむし 二 見あぐる岸は諏訪の台 それにつづきて秋の夜は 道灌山(どうかんやま)の虫のねを ここまで風や送るらん 三 見よや王子の製紙場 はや窓ちかく来りたり すきだす紙の年にます 国家の富もいくばくぞ 四 春はさくらの飛鳥山 秋は紅葉の滝の川 運動会の旗たてて かける生徒のいさましさ 飛鳥山(左)と滝野川(明治時代中期) 五 まもなくきたる赤羽は 品川ゆきの乗替場 目白目黒の不動にも よれや序(ついで)の道なれば 六 蕨(わらび)すぐれば浦和にて その公園は調の宮(つきのみや) 埼玉県の県庁も この地にこそは置かれたれ 七 大宮おりて八九丁 ゆけば氷川の公園地 園は蛍に名も高く 宮は武蔵の一の宮 八 上尾桶川鴻の巣に 近き吉見の百穴は 古代穴居(けっきょ)の人のあと 見るも学びの一つなり 九 吹上すぎてながめやる 熊谷土手の花ざかり 次郎直実(なおざね)生れたる 村の名今につたへたり 一〇 深谷本庄神保原 左に雲のあひだより みゆる秩父のふもとなる 大宮までは馬車もあり 一一 はや新町も倉賀野も またたくひまに行きすぎて 今ぞ上州高崎の 繁華の町につきにける 一二 町の東北前橋へ 汽車にてゆけば十五分 群馬県庁所在の地 上野(こうずけ)一の大都会 一三 若葉紅葉によしときく 伊香保の温泉榛名山 高崎よりは程ちかし 避暑にも人のゆくところ 伊香保温泉入口 (手前は明治43年に作られた物聞橋) 一四 みわたすかぎり青々と 若葉波うつ桑畑 山のおくまで養蚕の ひらけしさまの忙がしさ 一五 線路わかれて前橋の かたにすすめば織物と 製糸のわざに名も高き 桐生足利とほからず 一六 高崎いでて安中の つぎは磯部の温泉場 うしろをゆくは碓氷川(うすいがわ) まへに立てるは妙義山 一七 鉾(ほこ)か剣か鋸(のこぎり)か 獅子か猛虎か荒鷲か 虚空に立てる岩のさま 石門たかく雲をつく 一八 あとに見かへる松井田の 松のみどりもかげきえて はや横川につきにけり おりよ人々水のみに 一九 これより音にききゐたる 碓氷峠のアブト式 歯車つけておりのぼる 仕掛は外にたぐひなし 二〇 くぐるトンネル二十六 ともし火うすく昼くらし いづれば天地うちはれて 顔ふく風の心地よさ 二一 夏のあつさもわすれゆく 旅のたもとの軽井沢 はや信濃路のしるしとて 見ゆる浅間の夕煙 二二 くだる道には追分の 原とよばるる広野あり 桔梗(ききょう)かるかや女郎花(おみなえし) 秋の旅路はおもしろや 二三 御代田小諸とすぎゆけば 左に来る千曲川 立科山(たてしなやま)をながれ出て 末は越後の海に入る 二四 諏訪の湖水をみる人は 大屋をおりて和田峠 こゆれば五里の道ぞかし 山には馬も駕籠(かご)もあり 二五 上田をあとに走りゆく 汽車は坂城(さかき)に早つきぬ 川のあなたにながめやる 山は姥捨月見堂 二六 田毎の月の風景も 見てゆかましを秋ならば 雲をいただく冠着(かむりき)の 山はひだりにそびえたり 二七 屋代篠井(しののい)うちすぎて わたる千曲と犀川の 間の土地をむかしより 川中島と人はよぶ 二八 ここに龍虎のたたかひを いどみし二人の英雄も おもへば今は夢のあと むせぶは水の声ばかり 二九 長野に見ゆる大寺は 是ぞしなのの善光寺 むかし本田の善光が ひろひし仏なりとかや 左:善光寺「御本堂御開帳行列之図」(大正13年)。 そして、あまりの人気に、その後、作者自ら膨大な改訂版や亜種を出していくのです。 北には仰ぐ八ヶ嶽 麓は青柳茅野の里 湖水に臨む上諏訪の 町には商業栄えたり• 神社佛閣山水 ( じんしやぶつかくさんすゐ )の 外 ( ほか )に 京 ( きやう ) 都 ( と )の 物產 ( ぶつさん )は 西陣織󠄂 ( にしぢんおり )のあや 錦 ( にしき ) 友禪染 ( ゆうぜんぞめ )の 花󠄁 ( はな )もみぢ• 東海道󠄁• 木曽の都の福島は 御嶽詣での登り口 山腹高く桟橋を 過ぐればやがて上松よ• 山 ( やま )はうしろに 立 ( た )ち 去 ( さ )りて 前󠄁 ( まへ )に 來 ( きた )るは 琵琶 ( びは )の 海 ( うみ ) ほとりに 沿󠄀 ( そ )へる 米原 ( まいばら )は 北陸線 ( ほくりくせん )の 分󠄁 ( ぶん ) 岐 ( き ) 點 ( てん )• 兵 ( ひやう ) 庫 ( ご ) 鷹取 ( たかとり ) 須磨 ( すま )の 浦 ( うら ) 名所舊蹟 ( めいしよきうせき )かずおほし 平 ( へい ) 家 ( け )の 若 ( わか ) 武 ( む ) 者敦盛 ( しやあつもり )が 討 ( う )たれし 跡 ( あと )もこゝと 聞 ( き )く• 青柳茅野に上諏訪よ 左は諏訪湖冬ならば 我もスケート試みん 右には温泉諏訪神社• かの 西南 ( せいなん )の 戰爭 ( せんさう )に その 名 ( な )ひ び ( 〔 〕 )きし 田 ( た ) 原坂 ( はら 〔 〕ざか ) 見 ( み )にゆく 人 ( ひと )は 木葉 ( き 〔 〕のは )より おりて 道 ( みち )きけ 里人 ( さとびと )に• 春 ( はる )さく 花󠄁 ( はな )の 藤󠄇枝 ( ふぢえだ )も すぎて 島 ( しま ) 田 ( だ )の 大 ( おほ ) 井 ( ゐ ) 川 ( がは ) むかしは 人 ( ひと )を 肩 ( かた )にのせ 渡 ( わた )りし 話 ( はなし )も 夢 ( ゆめ )のあと• 小 ( を ) 山 ( やま )をおりて 右 ( みぎ )にゆく 水戸 ( みと )と 友 ( とも ) 部 ( べ )の 線 ( せん ) 路 ( ろ )には 紬 ( つむぎ ) 産 ( さん ) 地 ( ち )の 結 ( ゆふ ) 城 ( き )あり 櫻 ( さくら ) 名所 ( めいしよ )の 岩 ( いは ) 瀬 ( せ )あり• ほまれの 花 ( はな )もさきにほふ 花岡山 ( はなをかやま )の 招魂社 ( せうこんしや ) 雲 ( くも )か 霞 ( かすみ )か 夕 ( ゆふ )ぞらに みゆるは 阿蘇 ( あそ )の 遠 ( とほ ) 煙 ( けむり )• 註: 以下のリストに掲載されるは外のであり、表のBMP(基本多言語面、0面)が正しく表示できない環境によっては正しく記されない可能性がある。

7

鉄道唱歌/奥州・磐城篇

唱歌 鉄道

✆ いよ 〳 〵 近󠄁 ( ちか )く 馴 ( な )れくるは 近󠄁 ( あふ ) 江 ( み )の 海 ( うみ )の 波 ( なみ )のいろ その 八景 ( はつけい )も 居 ( ゐ )ながらに 見 ( み )てゆく 旅󠄁 ( たび )の 樂 ( たの )しさよ• 九 ( く ) 郎判 ( らうはう ) 官 ( ぐわん ) 義經 ( よしつね )が 敵陣 ( てきぢん )めがけておとしたる 鵯越 ( ひよどりごえ )やいちのたに 皆 ( みな )この 名所 ( めいしよ )の 内 ( うち )ぞかし• 建見名方の神霊は 神宮寺の上社 日本第一軍神と 崇めまつるぞ尊けれ• 右 ( みぎ )は 入海 ( いりうみ )しづかにて 空 ( そら )には 富士 ( ふじ )の 雪 ( ゆき )しろし 左 ( ひだり )は 遠州灘 ( ゑんしうなだ )ちかく 山 ( やま )なす 波 ( なみ )ぞ 碎 ( くだ )けちる• 三 ( み ) 島 ( しま ) 驛 ( えき )には 官 ( くわん ) 幣󠄁 ( ぺい )の 三 ( み ) 島 ( しま ) 神社 ( じんしや )の 宮 ( みや ) 居 ( ゐ )あり 伊豆 ( いづ ) 鐵道󠄁 ( てつだう )に 乘 ( の )りかへて 一 ( ひと ) 夜 ( よ ) 泊 ( とま )らん 修善 ( しゆぜん ) 寺 ( じ )に• 霞たなびく大内や 御濠にうかぶ松の陰 栄行く御代の安らけく 列車は出ずる飯田町• こゝは 桓武 ( くわんむ )の 御 ( み ) 門 ( かど )より 千有 ( せんいう ) 餘 ( よ ) 年 ( ねん )の 都 ( みやこ )の 地 ( ち ) 今 ( いま )も 雲 ( くも ) 井 ( ゐ )の 空 ( そら )たかく あふぐ 淸 ( せい ) 凉 ( りやう ) 紫 ( し ) 宸殿 ( しいでん )• この 水上 ( みなかみ )にありと 聞 ( き )く 諏訪 ( すは )の 湖 ( こ ) 水 ( すゐ )の 冬 ( ふゆ )げしき 雪 ( ゆき )と 氷 ( こほり )のかけはしを わたるは 神 ( かみ )か 里人 ( さとびと )か• 疊 ( たゝみ )おもての 備 ( びん ) 後 ( ご )には 福山町 ( ふくやままち )ぞ 賑 ( にぎ )はしき 城 ( しろ )の 石垣 ( いしがき )むしのこす 苔 ( こけ )にむかしの 忍 ( しの )ばれて• 北 ( きた )は 圓覺建 ( ゑんがくけん ) 長 ( ちやう ) 寺 ( じ ) 南 ( みなみ )は 大佛星月 ( だいぶつほしづき ) 夜 ( よ ) 七里濱 ( しちりがはま )も 江島 ( えのしま )も 行 ( ゆ )くに 電車 ( でんしや )の 便 ( たより )よし• 粟 ( あは ) 津 ( づ )の 松󠄁 ( まつ )にこと 問 ( と )へば 答 ( こた )へがほなる 風 ( かぜ )の 聲 ( こゑ ) 朝󠄁 ( あさ ) 日 ( ひ ) 將 ( しやう ) 軍 ( ぐん ) 義仲 ( よしなか )の ほろびし 深 ( ふか ) 田 ( た )はいづかたぞ• 中村 ( なかむら )いでゝ 打 ( う )ちわたる 川 ( かは )は 眞野 ( まの ) 川新 ( がはにつ ) 田 ( た ) 川 ( がは ) 原 ( はら )の 町 ( まち )より 歩 ( ほ ) 行 ( かう )して 妙見 ( めうけん )まうでや 試 ( こゝろ )みん• 峰 ( みね )にのぼれば 地圖 ( ちづ ) 一 ( ひと )つ ひろげし 如 ( ごと )く 見 ( み )えわたる 常 ( ひた ) 陸 ( ち )の 國 ( くに )のこゝかしこ 利根 ( とね )のながれの 末 ( すえ )までも• おくり 迎 ( むか )ふる 程 ( ほど )もなく 茨木 ( いばらき ) 吹 ( すひ ) 田 ( た )うちすぎて はや 大阪 ( おほさか )につきにけり 梅 ( うめ ) 田 ( だ )はわれをむかへたり• この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で 発行されておらず)、 かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、 かつ、の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においての状態にあります。 こゝに 起 ( おこ )りて 越 ( ゑち ) 後 ( ご )まで つゞく 岩越線 ( がんゑつせん ) 路 ( ろ )あり 工 ( こう ) 事 ( じ )はいまだ 半 ( なかば )にて 今 ( いま )は 若松會 ( わかまつあひ ) 津 ( づ )まで• 彦 ( ひこ ) 根 ( ね )に 立 ( た )てる 井伊 ( ゐい )の 城 ( しろ ) 草 ( くさ ) 津 ( つ )にひさぐ 姥 ( うば )が 餅 ( もち ) かはる 名所 ( めいしよ )も 名物 ( めいぶつ )も 旅 ( たび )の 徒 ( と ) 然 ( ぜん )のうさはらし• 向 ( むかひ )の 岸 ( きし )は 馬 ( ば ) 關 ( くわん )にて 海 ( かい ) 上 ( じやう )わづか 二 ( に ) 十 ( じつ ) 町 ( ちやう ) 瀬戸 ( せと ) 内海 ( うちうみ )の 咽首 ( のどくび )を しめてあつむる 船 ( ふね )の 數 ( かず )• 岩沼驛 ( いはぬまえき )のにぎはひは 春 ( はる )と 秋 ( あき )との 馬 ( うま )の 市 ( いち ) 千 ( せん ) 里 ( り )の 道 ( みち )に 鞭 ( むち )うちて すゝむは 誰 ( たれ )ぞ 國 ( くに )のため• 王 ( わう ) 子 ( じ )に 着 ( つ )きて 仰 ( あふ )ぎみる 森 ( もり )は 花 ( はな ) 見 ( み )し 飛鳥 ( あすか ) 山 ( やま ) 土器 ( かはらけ )なげて 遊 ( あそ )びたる 江戸 ( えど )の 名所 ( めいしよ )の 其一 ( そのひと )つ• 底本:• 小野の滝つせ霧はれて しぶきに虹ぞ立ちわたる 名所めぐりも束の間に須原の宿や野尻駅• 栗林さんに教えていただきました。 長岡 ( ながをか )おりて 飯坂 ( いひざか )の 湯 ( たう ) 治 ( ぢ )にまはる 人 ( ひと )もあり 越河 ( こすがう )こして 白石 ( しろいし )は はや 陸前 ( りくぜん )の 國 ( くに )と 聞 ( き )く• 掛川 ( かけがは ) 袋 ( ふくろ ) 井 ( ゐ ) 中 ( なか ) 泉 ( いづみ ) いつしかあとに 早 ( はや )なりて さかまき 來 ( きた )る 天 ( てん ) 龍 ( りゆう )の 川 ( かは ) 瀬 ( せ )の 波 ( なみ )に 雪 ( ゆき )ぞちる• 尻内 ( しりうち )こせば 打 ( う )ちむれて 遊 ( あそ )ぶ 野 ( の ) 馬 ( うま )の 古 ( ふる ) 間木 ( まき )や 今日 ( けふ )ぞ 始 ( はじ )めて 陸奧 ( みちのく )の 海 ( うみ )とは 是 ( これ )かあの 船 ( ふね )は• 一 ( いち ) 時 ( じ ) 榮 ( さか )えし 都府 ( とふ ) 樓 ( ろう )の あとをたづねて 分 ( わ )け 入 ( い )れば 草葉 ( くさ 〔 〕 )をわたる 春風 ( はるかぜ )に なびく 菫 ( すみれ )の 三 ( み )つ 五 ( いつ )つ• 雪 ( ゆき )のあした 月 ( つき )の 夜半 ( よは ) あそぶ 人 ( ひと )はいかならん みれど/\ 果 ( はて )もなき 二 ( ふた ) 子 ( ご ) 島 ( じま )の 夕 ( ゆふ )げしき• こゝぞ 昔 ( むかし )の 難 ( なに ) 波 ( は )の 津 ( つ ) こゝぞ 高 ( たか ) 津 ( つ )の 宮 ( みや )のあと 千 ( せん ) 古 ( こ )の 英雄秀吉 ( えいいうひでよし )の おもかげ 城 ( しろ )に 殘 ( のこ )りたり• 東北一 ( とうほくいち )の 都 ( と ) 會 ( くわい )とて 其 ( その ) 名 ( な )しられし 仙臺 ( せんだい ) 市 ( し ) 伊達 ( だて ) 政宗 ( まさむね )の 築 ( きづ )きたる 城 ( しろ )に 師 ( し ) 團 ( だん )は 置 ( お )かれたり• 東照宮 ( とうせうぐう )の 壯麗 ( さうれい )も 三代廟 ( さんだいべう )の 高大 ( かうたい )も みるまに 一 ( ひと ) 日日 ( ひひ )ぐらしの 陽明門 ( やうめいもん )は 是 ( これ )かとよ• を後に追加。

20

「鉄道唱歌」世界の童謡・唱歌無料ダウンロード

唱歌 鉄道

☕ 彩の衣手ふりはえて 都乙女がたもとおり 花狩りくらす小金井は 関東一の名所かな• 比良 ( ひら )の 高 ( たか ) 嶺 ( ね )は 雪 ( ゆき )ならで 花 ( はな )なす 雲 ( くも )にかくれたり 矢 ( や ) 橋 ( ばせ )にいそぐ 舟 ( ふね )の 帆 ( ほ )も 見 ( み )えてにぎはふ 波 ( なみ )の 上 ( うへ )• 堅 ( かた ) 田 ( た )におつる 雁 ( かり )がねの たえまにひゞく 三井 ( みゐ )の 鐘 ( かね ) 夕 ( ゆふ )ぐれ 寒󠄁 ( さむ )き 唐󠄁崎 ( からさき )の 松󠄁 ( まつ )にや 雨 ( あめ )のかゝるらん• 註: に対応したブラウザ及びフォントを利用することで、原文に近い字体を表現することができます。 窓 ( まど )より 近󠄁 ( ちか )く 品川 ( しながは )の 臺 ( だい ) 場 ( ば )も 見 ( み )えて 波白 ( なみしろ )き 海 ( うみ )のあなたにうすがすむ 山 ( やま )は 上 ( かづ ) 總 ( さ )か 房󠄁州 ( ばうしう )か• 栗林さんにご指摘いただきました。

14

鉄道唱歌/山陽・九州篇

唱歌 鉄道

✋ 窓 ( まど )より 近 ( ちか )く 品川 ( しながは )の 臺 ( だい ) 場 ( ば )も 見 ( み )えて 波白 ( なみしろ )き 海 ( うみ )のあなたにうすがすむ 山 ( やま )は 上 ( かづ ) 總 ( さ )か 房州 ( ばうしう )か• こゝは 御 ( ご ) 殿 ( てん ) 場 ( ば ) 夏 ( なつ )ならば われも 登 ( と ) 山 ( ざん )をこゝろみん 高 ( たか )さは 一萬 ( いちまん ) 數 ( す ) 千 ( せん ) 尺 ( じやく ) 十三州 ( じふさんしう )はたゞ 一 ( ひと ) 目 ( め )• 一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

15

ボニージャックス 鉄道唱歌 歌詞&動画視聴

唱歌 鉄道

😃 八幡宮 ( はちまんぐう )の 石段 ( いしだん )に 立 ( た )てる 一 ( ひと ) 木 ( き )の 大 ( おほ ) 鴨脚樹 ( いてふ ) 別當 ( べつたう ) 公󠄁 ( く ) 曉 ( げう )のかくれしと 歷 ( れき ) 史󠄁 ( し )にあるはこの 蔭󠄂 ( かげ )よ• いざ 乘 ( の )り 替 ( か )へん 日 ( につ ) 光 ( くわう )の 線 ( せん ) 路 ( ろ )これより 分 ( わか )れたり 二 ( に ) 十 ( じふ ) 五 ( ご )マイル 走 ( はし )りなば 一 ( いち ) 時 ( じ ) 半 ( はん )にて 着 ( つ )くといふ• 歌声入り ポップス風 オルゴール ヒーリング カントリー 行進曲風 サンバ 民謡風 弦楽四重奏 汽笛一声 新橋を はや我汽車は 離れたり 愛宕の山に入り残る 月を旅路の友として 右は高輪泉岳寺 四十七士の墓どころ 雪は消えても消え残る 名は千載の後までも 上記以外のアレンジとファイル形式で試聴したい人は下記で指定してください。 小野の社を伏し拝み 善知鳥を越えて右に見る 峠の麓塩尻は 篠井線の分岐点• 津 ( つ ) 輕 ( がる )の 瀬戸 ( せと )を 中 ( なか )にして 凾館 ( はこだて ) 〔 〕までは 二 ( に ) 十 ( じふ ) 四里 ( より ) ゆきかふ 船 ( ふね )の 煙 ( けむり )にも 國 ( くに )のさかえは 知 ( し )られけり• 北 ( きた )は 圓覺建󠄁 ( ゑんがくけん ) 長 ( ちやう ) 寺 ( じ ) 南 ( みなみ )は 大佛星月 ( だいぶつほしづき ) 夜 ( よ ) 七里濵 ( しちりがはま )も 江島 ( えのしま )も 行 ( ゆ )くに 電車 ( でんしや )の 便󠄁 ( たより )よし• 註: この文書ではが使用されています。

15

鉄道唱歌とは

唱歌 鉄道

👆 宰 ( さい ) 府 ( ふ )わかれて 鳥栖 ( とす )の 驛 ( えき ) 長崎 ( ながさき )ゆきのわかれ 道 ( みち ) 久留米 ( くるめ )は 有 ( あり ) 馬 ( ま )の 舊 ( きう ) 城 ( じやう ) 下 ( か ) 水天宮 ( すゐてんぐう )もほどちかし• 都を後に見かりえて 甲州街道新宿や 又行く春に大久保の つつじの園ぞ美しき• 鳥 ( とり )も 翔󠄁 ( かけ )らぬ 大空󠄁 ( おほぞら )に かすむ 五 ( ご ) 重 ( ぢゆう )の 塔 ( たふ )の 影 ( かげ ) 佛法最初 ( ぶつぽふさいしよ )の 寺 ( てら )と 聞 ( き )く 四 ( し ) 天王 ( てんわう ) 寺 ( じ )はあれかとよ• ここでは「 単語 ( ルビ )」の形で再現しています。 己斐 ( こひ )の 松原五 ( まつばらいつ ) 日 ( か ) 市 ( いち ) いつしか 過 ( す )ぎて 嚴 ( いつく ) 島 ( しま ) 鳥 ( とり ) 居 ( ゐ )を 前 ( まへ )にながめやる 宮嶋驛 ( みやじまえき )につきにけり• 女鳥羽の水は変われども 五層の天主今も猶 三百年のいにしえの 名残とどむる深志城• ありがとうございます。 世にひびきわたる戦国の 名将武田信玄が 英魂毅魄とこしえに 眠りて覚めぬ大泉寺• 阿彌陀 ( あみだ )は 寺 ( てら )の 音 ( おと )に 聞 ( き )き 姫 ( ひめ ) 路 ( ぢ )は 城 ( しろ )の 名 ( な )にひゞく こゝより 支 ( し ) 線 ( せん )に 乘 ( の )りかへて ゆけば 生 ( いく ) 野 ( の )は 二時 ( にじ ) 間 ( かん ) 餘 ( よ )• 千駄ヶ谷代々木新宿 中仙道は前を行き 南は品川東海道 北は赤羽奥羽線• 五百里の山は深けれど 人住む里は打拓け 南北都留の両郡は 甲斐絹織の名産地• この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で 発行されておらず)、 かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、 かつ、の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においての状態にあります。

2

「鉄道唱歌」世界の童謡・唱歌無料ダウンロード

唱歌 鉄道

👆 神奈 ( かな ) 川 ( がは ) 過 ( す )ぎて 平沼 ( ひらぬま )の あなたを 見 ( み )れば 百船 ( もゝふね )の 煙 ( けむり )は 空 ( そら )をこがすまで こゝ 横濱 ( よこはま )の 大 ( おほ ) 港 ( みなと )• 武士 ( ぶし )が 手 ( て )に 卷 ( ま )く 鞆 ( とも )の 浦 ( うら ) こゝよりゆけば 道三 ( みちさん ) 里 ( り ) 仙醉島 ( せんすゐじま )を 前 ( まへ )にして 煙 ( けぶり )にぎはふ 海士 ( あま )の 里 ( さと )• 三保 ( みほ )の 松原 ( まつばら ) 田子 ( たご )の 浦 ( うら ) さかさにうつる 富士 ( ふじ )の 嶺 ( ね )を 波 ( なみ )にながむる 舟人 ( ふなびと )は 夏 ( なつ )も 冬 ( ふゆ )とや 思 ( おも )ふらん• 那波 ( なは )の 驛 ( えき )から 西 ( にし ) 南 ( みなみ ) 一 ( いち ) 里 ( り )はなれて 赤 ( あか ) 穗 ( ほ )あり 四 ( し ) 十七 ( じふしち ) 士 ( し )が 仕 ( つか )へたる 淺 ( あさ ) 野 ( の ) 内 ( たく ) 匠 ( み )の 城 ( しろ )のあと• 日和田 ( ひわだ ) 本宮 ( もとみや ) 二 ( に ) 本松 ( ほんまつ ) 安 ( あ ) 達 ( だち )が 原 ( はら )の 黒塚 ( くろづか )を 見 ( み )にゆく 人 ( ひと )は 下 ( げ ) 車 ( しや )せよと 案内 ( あんない ) 記 ( き )にもしるしたり• いつしかまたも 闇 ( やみ )となる 世 ( せ ) 界 ( かい )は 夜 ( よる )か 隧道󠄁 ( トンネル )か 小夜 ( さよ )の 中山 ( なかやま ) 夜 ( よ ) 泣石 ( なきいし ) 問 ( と )へども 知 ( し )らぬよその 空󠄁 ( そら )• 關本 ( せきもと )おりで 〔 〕 平潟 ( ひらかた )の 港 ( みなと )にやどる 人 ( ひと )もあり 岩 ( いは )の 中道 ( なかみち )ふみわけて 磯 ( いそ )うつ 波 ( なみ )も 聞 ( き )きがてら• 曲を取得するまでに20秒程度かかります。

鉄道唱歌・東海道

唱歌 鉄道

🤲 大阪 ( おほさか ) 出 ( い )でゝ 右 ( みぎ ) 左 ( ひだり ) 菜 ( な ) 種 ( たね )ならざる 畑 ( はた )もなし 神崎川 ( かんざきがは )の 流 ( ながれ )のみ 淺 ( あさ ) 黄 ( ぎ )にゆくぞ 美 ( うつく )しき• 海 ( うみ )にしばらく 別 ( わか )れゆく 小田 ( をだ )の 緑 ( みどり )の 中村 ( なかむら )は 陶 ( たう ) 器 ( き ) 産 ( さん ) 地 ( ち )と 兼 ( か )ねて 聞 ( き )く 相 ( さう ) 馬 ( ま )の 町 ( まち )をひかへたり• 川中島や善光寺 巡る名どころ数尽きて 又立帰る塩尻の 駅より道は西南• 上真行 うえさねみち と多梅稚 おおのうめわか の作曲した2種類あり、多の曲が大流行した。 神崎 ( かんざき )よりは 乘 ( の )りかへて ゆあみに 登 ( のぼ )る 有 ( あり ) 馬 ( ま ) 山 ( やま ) 池 ( いけ ) 田 ( だ ) 伊 ( い ) 丹󠄁 ( たみ )と 名 ( な )にきゝし 酒 ( さけ )の 產 ( さん ) 地 ( ち )も 通󠄁 ( とほ )るなり• 絲崎 ( いとざき ) 三 ( み ) 原海 ( はらかい ) 田 ( だ ) 市 ( いち ) すぎて 今 ( いま )つく 廣島 ( ひろしま )は 城 ( しろ )のかたちもそのまゝに 今 ( いま )は 師 ( し ) 團 ( だん )をおかれたり• 右 ( みぎ )は 入海 ( いりうみ )しづかにて 空 ( そら )には 富士 ( ふじ )の 雪󠄁 ( ゆき )しろし 左 ( ひだり )は 遠󠄁州灘 ( ゑんしうなだ )ちかく 山 ( やま )なす 波 ( なみ )ぞ 碎 ( くだ )けちる• おくり 迎󠄁 ( むか )ふる 程 ( ほど )もなく 茨木 ( いばらき ) 吹 ( すひ ) 田 ( た )うちすぎて はや 大阪 ( おほさか )につきにけり 梅 ( うめ ) 田 ( だ )はわれをむかへたり• 行き悩みたる山道の こごしき嶺も砥の如く 三百二十余哩を 夢に過ぎけり中央線 中央線鉄道唱歌 [ ]• 見 ( み )よや 徳川家康 ( とくがはいへやす )の おこりし 土地 ( とち )の 岡崎 ( をかざき )を 矢 ( や ) 矧 ( はぎ )の 橋 ( はし )に 殘 ( のこ )れるは 藤吉郎 ( とうきちらう )のものがたり• こゝは 御 ( ご ) 殿 ( てん ) 場 ( ば ) 夏 ( なつ )ならば われも 登 ( と ) 山 ( ざん )をこゝろみん 高 ( たか )さは 一萬 ( いちまん ) 數 ( す ) 千 ( せん ) 尺 ( じやく ) 十三州 ( じふさんしう )はたゞ 一 ( ひと ) 目 ( め )• 旭将軍義仲の 育ちし里は宮の越 傲る平家を討たばやと 旗揚げしたる南宮社• ここでは「 単語 ( ルビ )」の形で再現しています。

15